能力のバランスと管理職

フリーエンジニアとして仕事を行っていく際には、職種を選んでいくことが可能です。若くて体力があるうちは、働くほどに成果が上がる開発の仕事を担うことが、経験を積む上でも収入を高める上でも理想的となります。しかし、開発においては体力と技術と経験のバランスがとれていることが重要になるため、加齢とともに体力が衰えると徐々に次の世代の若者に取って代わられるようになってしまいがちです。そのため、より経験の比重が重きを示す職種に切り替えていくことが、仕事の獲得と遂行を容易にするためのポイントになります。

その方向性としては、管理職の仕事を請け負うように切り替えていくというのが良い方法です。プロジェクトリーダーやディレクターを代表として、IT業界においてチームをまとめる役割を果たす職種があります。そういった職種に就くことによって現場で開発に携わる仕事の比重を減らして、全体の動きを方向付けるリーダーとしての役割を果たすようにするのです。すると、体力的な要素よりも個人を理解して仕事を機能させるための経験の面が重要性を増すことになります。そういった観点からは若い世代よりも経験を積んだ世代の方が望まれることになり、加齢とともにむしろ必要性が高まる職種になるのです。こういった立場から、プロジェクト全体としての生産性を高めることに寄与していくことによって、晩年になってもフリーエンジニアとして必要な役割を果たしていくことができます。

Leave a reply